FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-12-05 (Wed)
キャラごと感想メモ〜
もう本人に言ったやつも書く〜

●ドリー
あいしゅうの中で、「やぶさかで元気で強気な女の子の主人公が見たい」という願望があり、
今回ドンピシャなドリー。ほんとに性格も見た目もどんぴしゃだった。
演じていたつむちゃんが普段はふわ〜っと可愛いしゃべり方をしているので、
最初の「ッッフン!!」の声でおお、ドスの効いた声でとる〜と喜んでいました。
あいしゅうが稽古にあんまり行けなかったからか、ラストがこんなに感動するシーンだったのか…と
本番中に知りました。
最後の「イエスマイマーム」は今まで育ててもらった人からの巣立ちなんだ、っていうのが
よく分かってグッときました。
血が繋がってないのにドリーとドロシーは似てるとこがまた、いいよね。
泣いててもしっかり、凛としゃべっているところも良かった。
主人公感がすごく良かった!

●ボスD(ドロシー)
今回、イチオシだった。ボスDにかけていた。一言一言が好き!
冒頭のパワフルなシーン、中盤のギャグ、ラストのドリーを送り出すところ、
もう美味しいところの総取り。そして溢れ出るジブリ感。
靴直すのに力を溜めるSEがドラ○ンボール。このSEは、ほんとに私が聞きたいが
ために出してもらっちゃったみたいで、いやあなんか悪いなあデヘヘ
演じたべっかむ師匠は最近のやぶさかでは誰かの下に着いて働く役が多かったので、
めちゃくちゃ存在感のある今回の役をやってくれてすんごく嬉しかった。
マリシラと羅刹女も好きだけど、ボスDはまた違った意味でパワフルで。
なんとなく、師匠本体(?)と長い付き合いだけど、新しい、でも馴染み深い一面を
見た気がする。

●トト
「なほさんのトトはパーフェクトですよねえ」と本番2日目に呟いたら、あいさんに
何とも言えない顔をされました。そう思ったんですもの…非の打ち所がないというか。
犬だった。とても、犬だった。
自分が利用されてるのも薄々感づいてはいるのに、北の魔女もオズワルド二世も
ドリーたちも一様にけっこう信用していて、屈託無いとはこのことか、と思う。
動物の役って、人間にはない一途さみたいなものがあるのかねえ。
あいしゅう的トトのいちばん好きなところ…ブリキの足先から出てきたケアル丸の
くだりのときの顔。最高でした。
あと、カーテンコールの最後の最後、はける前にピョーンて飛んで手を振るのが
めっちゃ好きだった。物理的に手が離せなかったので心の中でバイバイしてた。

●キティ
最初に衣装着た春香さんが出てきたとき「あら…!すごっ…可愛いー!」と叫んだ気がする。
よく見るとあの衣装、美しい模様の毛の猫だってことがよく分かって好き。
「ばたーんきゅっ」のところ、可愛すぎない?と、衝撃を毎回受けていた。
「お仕置きニャッ!」の後の鈴+ニャーンのSEでハートを撃ち抜かれるし…
「いーやーにゃーにゃ!」も、か、可愛いすぎない??と…
グリンダの口ぐせがいろいろうつってるとこが可愛いし…
とにかく、可愛過ぎない?!
優しい、優秀、そして可愛い、なんとなく頼りたくなる、可愛い。
春香さん本人のようなキティだった。
春香さんは年々可愛くなってる。すごい。

●かかし
かかしはやばかった。
おだてられてすぐご機嫌になるかかし、砂を撒き散らかすかかし、
悲しみを乗り越えるかかし、「バカになった気がする…」とか、
「やですよお、アナタと結婚なんて」とか、「王様は私じゃ…あれ?」の
顔と言いかた、本当に絶妙。扱われかたも絶妙。
藁で出来てて疲れないことを…というかかかしであることを誇りに思ってるふう
なのが面白い。髪型も好きです。
宿泊してたところで、終わったあとのカカシ人形の処分について、
さえさんを挟んで話し合う美雪さんとべっかむ師匠が面白かった。
歴代カカシが3人とも個性が確立されすぎてて、カカシしばりの乙女ゲーやってる
気分にちょっとなった。全員好き。むしろ3人で会話したら面白そう。

●イギー
スタイルが良すぎて…髪もすごいきれいだし、翼猿の異質感みたいなのが
じわじわと出ててすごく良かった。
子どもだけど、背が高い種族っていう設定を勝手に考えてた。そういうの好きだ。
イギーがこっそり出てくるところが、ほんと、コンテンポラリーダンスやってる人
みたいできれいだった…と思うのは私だけ?
初めて会ったとき(もぐアポ?)より、ずいぶんきれいになったわねえ〜と
思っておりました。
こちらも、利用されているのにあんまり後腐れないのがいいキャラです。

●南の魔女グリンダ
完全なる陽の気として、最強の魔女として、かかしと共にオズの国をうまく
まとめてってくれるだろうと思ってる。みんなが安心して好きになれるキャラですね。
私も、オペしながら、グリンダが出てきたら(さ、しばらく面白いところだ)って思って
ちょっと安心してました。
ほんとにちょっとしたことに魔法をバンバン使いまくってて、やりたい放題で、
見ていて気持ちのいいキャラでした。
美雪さん、イケメンのときはマジイケメンなのに、こんなおもしろ可愛い役も
できるのすごい。すごい好きです。
登場時の曲はグリンダのために作った曲だけどチョ○ボってみんなに言われたさー

●ライオン
ライオンのシーンは重要な見せ場(長靴タイムアタック)と、謝罪知らずのドリーが
何かしら大事な気持ちに気づく通過点であったと思います。
長靴を作るシーンは、気持ちのいいSEもついて、可愛く楽しいシーンでした。
とっても好き。
森のヴィーナスにいっさい音入らないのも、半笑いで見てました。
美雪さんイケメンのときはマジイケメンなのに以下略

●北の魔女
すんばらしかったー!ずっと聞いてたい声!
味方のようで悪役、いいですねえ。
親友というか、想い人を辛い状況のまま死なせてしまった
悲しみを背負ったダークサイド。
オズワルド二世もそうですが、自分にはない力に対して別の何かで
コンプレックスを払拭しようとあがいているのが、どこか
共感を覚えるかも。
オズワルド二世との関係も好きだった。別に息子は好きじゃないけど、
彼女がすごく大事にしてた存在でもあるし、どうしようかしらコイツ、
みたいなのが。
欲を言うと、おもちゃのステッキ以外のちゃんとした杖持ってるとこ
見たかったかも。月モチーフとか。グリンダは太陽モチーフで。小道具さんが
大変になっちゃうけど!

●オズワルド二世
私の中のイケメン野中さんもっと見たいスイッチが未だにオンになったままなのですが…
狐のときも、野中さんイケメン枠だと思ってました。今回はさらに、
朝、準備してる姿とかもイケメンだった。ブースから「野中さんいけめん…」て
呟いたくらい。
打ち上げの時やってくれた羽生結弦の真似でさらに惚れてしまった…
さて、オズワルド二世ですが、水尾さんの役作りも野中さんの役作りも、
圧倒される感じがしました。出ていないシーンでも、ここはこう思ってる、とか聞くと。
最後、親子のover the rainbowからのネッサのセレナーデで送り出すことができて、
毎回背中を見送りながら嬉しく思っていました。
トトの「みんな感謝してたから!」の言葉、すごく嬉しい。
俺もそう思うぜ、って思ってた(誰?)。
イケメン野中さんには、何か曲のインスピレーションをじわりと感じるので、
やぶさかでまたメイン男役やってほしいな。ね、あいさん!!

●東の魔女ネッサ
みんな大好きえつこローズ!北の魔女やオズワルド二世が焦がれてる感情が
伝わるのか、どんどん好きになっていく〜。ああ〜
ネッサのセレナーデは、どうやって作ったのか思い出せないけど、
想い溢れて作った曲です。アルトサックスのイメージはすぐかたまった。
悪い魔女と恐れられ、美しく、愛情深く、けっこう傷つきやすい?
最初からもういないので、細切れのシーンから
いろいろ想像することができるキャラでした。
悪い魔女と良い魔女の境目が複雑で、そこが魅力的。
歌も良かった。野中さんとえっちゃんと(あとあいさん)時間ギリギリまで録音したの、
いい思い出です。帰ってから編集してたら、なにこれ、泣けるじゃん…え、
なにこれ…泣けるー!と、スピーカーの前で騒いでしまった。
母ネッサと小さいオズワルド二世の一枚絵が、脳内にくっきり浮かんだというか。
宝物がまたひとつ増えた。

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-05-26 (Sat)
久しぶりに…ただのファンに戻って、ワールドエンドの登場人物と役者さんを
讃えるブログを書きたいと思います。こっそりと。
今回は正面から見れたので、いろいろ気づくこともあったけど、
きっかけを追うために余裕なくて見逃した素敵な表情とか沢山あったんだろうな…
どうも、スタッフをやっているときに使っている脳と、観劇しているときに使っている
脳は別物らしい。
スタッフ脳はいろいろ集中しているので、容易に萌えることができない。
(なので不意打ちで笑わせてくるやつとかに弱い。)

さて、キャラ別!

● 考古学者
水尾さんかっこよすぎかよ!!
集中している自分のやや斜め後ろくらいにいるただのやぶファンの自分が、
考古学者を見るたびにそう心の中で叫んでいました。
好奇心にただ突っ走る感じじゃなくて、丁寧に確実に経験を積んできた大人って
感じのあの演技、最高でした。ドラマCDも、字面だけ見ると「ウェーイ」って
感じのセリフなのに、少しテンションを落とした言い方、素って感じで最高でした!!
一番好きなのは、テスカ様に食われるときの表情。素晴らしすぎか。

○ 神殿の娘
今回のラスボス。かなちゃんの声の良さがもう…
「死こそが、救いか」ていうセリフの言い方特に好きです。
野生的で神秘的、あの恐い顔もよかった。
なんなら考古学者と一緒に旅とかしてほしいほどいいコンビだった。
少し前によそのテスカ様(男)観てすごくよかった!テスカ被りwって
思ってたけど、うちのテスカ様も可愛いでしょ!って改めて鼻が高い。

○ 車椅子の妹
幸薄い可愛らしい少女と思いきや、爪を噛む仕草、ヤバそうな目つきを
したりして、情緒不安定さが抜群だった。
ターミナルのそこかしこで彼女の姿を垣間見ることができるとか、
すごく絵的に好き。貧民窟の話は私は特にすごく好き。
ボロボロの町の向こうにどでかい宇宙船発着場が見えるとか、ファンタジー!
なほさんの演技も素敵だったので、ああいう暗い役をもっと見たいです!!
明るい役も可愛い役、善なる役を今まで見てきたので、すっごく新鮮だった。

● 兄
兄はねえ、…!!何度も言ってますが、ツボです。
声と汚れた見た目と、貧乏ゆすりするとこ、足とか首が痒いのかボリボリかいてるとこ、
チケットを取ろうとするとこ、操られちゃうときの表情とかが、
よかった!!!!ねこちゃん素晴らしい!!
何なら兄が主人公の話一本観たいんですよね(曲作るよ!!)
コンテナか廃材の上に座ってひとりでターミナルを見上げてる兄の姿、貧民窟の風に
混じって吹いてくる、ターミナル付近の山の空気みたいなものを今でも私は感じています。
そんな一枚絵が脳内に浮かんでくるほどに好き。

● 陽気な男/吸血鬼
吸血鬼、遠く(オペブース)から見てもイケメンだったけど、近くから見てもイケメンだった。
とりあえず、陽気な男の高笑いがマジで好きだった。初めて聞いたぞ!美雪さんのそんな笑い方!と
思いまして…そこは絶対聞いてた。ドMの血がさわぐというか。。。
ハンターとのじゃれあいよかった。これは美雪さん一択な役(いつものやぶさか感あった)。
一番最後にみんなわらわらっと出てくるシーン。吸血鬼がハンターとすれ違うときにチラッと
ハンターを見て少し微笑んでいる仕草、やっっっばい!!
ハンターは気付かず前を見据えている。多分もう星は滅んだ後だから、2人とも魂的なもんだろうところで
あれはやばい。
あと、美雪さんに関してはオズのブリキの木こりがきびだんご食って吐いて、その吐いたやつ指差して笑うシーンが最高に笑える。(そのあとカカシが「アッハハ!」てウケてすぐスウッと素に戻るところが私的オズの1番のハイライトだった。)

○ 吸血鬼ハンター
写真を改めて見ると、いなちゃん肌白いし西洋のお人形さんみたいにあの衣装似合ってて、
吸血鬼も惚れるねこりゃ、と思うのであった。
本編中は大半がヤンキーであったため、写真を見てビックリした次第。
でも変に女の子らしいよりずっと可愛いかった。
稽古の前半は正直男どうしwに見えてたのですが、
本番間近になって、だんだん乙女ヤンキーになってってこのカップリング実に良い!となった。
私、「ほんとかっ」の後のキラキラSEを、稽古場でポン出しした瞬間、自分で出したSEにやられた。
婚活すんだもんっの後のあんだこのヤロー!は素敵だった。
ドラマCDの指輪が外れないところも好き。
本番始まる前に、大明神がなぜかとなりのト○ロを流していて、その曲に合わせて殺陣を始めた
いなちゃんを私は忘れないでしょう。(みんなに「森が違う!」って言われてた)

○ 人魚
美しすぎる人魚。衣装すげえ。あの衣装着れるえっちゃんもすげえ。
青い照明と白い壁、高い天井と波の音で、なんていうかマイナスイオン感じた。
回想のDr.フィーネをじっと見ている目が好きだった。フィーネがはけてく時、
目線が途中で固定されて、そのままずっと虚空を見てるのがとても好き。
最後に、目が合うけど笑わないのも好き。写真撮影時で隣同士になってもちょっと
緊迫した空気が流れてるのがさすが。(気のせいか?)
コウモリさん羽切断シーンでは、後ろの幕にナイフ構えた人魚の影が映るんですが、
見事に!毎回ドンピシャ良い位置!コウモリさんともにグッジョブすぎる。
乗務員も良いキャラだった。考古学者と吸血鬼で3人でつるんで、ちょっとのことでは
驚かない性格なんだということが伝わってくる。
人魚と乗務員はドラマCDでも輝いてる。マイク乗りしない声ってえっちゃん自分で
言ってたけど、そう!?めっちゃいい声ですわ。

● 蝙蝠
まず出てくるところで毎回笑っちゃうんですけど…
「バットバッ…ト…」
「かつてない距離を飛んでおります…」とかボソボソ言ってるのが可愛い。
人魚さんに本当に同情しているところと、彼女の異常さに気づき始めたところの
境が絶妙だった。さすが師匠!
あと本当にドラマCDの蝙蝠さんよかった。
師匠は近年わりと誰かに何かを届けがち。伝言を誰かに持っていきがち。
メッセンジャーとしての素質があるのかもしれません。

○ 人工知能エンデ
衣装着たさえさん、美し…!!目を見張りました。スターウォーズにいそう。
感情は確かにないけど、どこか温かみのあるロボット、見事でした。
カタコトだけど滑らかな言葉づかい、今思うと結構リアリティあったのでは?って
思います。技術的に。ドラマCDから察するに、流暢にしゃべるモードもあったけど
節電してたんじゃないかとw
コミカルな時と動きは同じなのに、泣けるシーンは泣ける。
エンデだけ日替わりネタが多くて、たえずオペブースをざわつかせていました。
アンケートでよく「ライカとのやり取りがおもしろい」みたいなことを沢山
書かれていましたが、本当に面白い。かわいい。テンポがいい。
「ち」っていう舌打ちもかわいい。「仲良く…?」て首を傾げているのも何気にひでえ。
「大事に決まってるじゃないですか。フフッ」「なんで今笑ったの」が鉄板で面白かった。
ドラマCDでは、ライカがツッコミに回っていたのも面白かった。
みんな大好きエンデ状態ですね!

● ライカ
幼い子どもにしか見えない。春香さんさすが。
一番好きなのは、最後の讃美歌のシーンで博士がしゃべってる時、
両手いっぱい使ってゆっくり涙を拭う仕草。あれがマジで好きです。
台本にはないセリフですが、「帰る準備しよう」「博士こっち見て!!」
あれはいいシーン。惑星が崩壊するシーンは私があまり見ている余裕がなかったのが残念!
(失敗したらアウトなきっかけ待ちだったので)
ライカとエンデのその後は皆さん考えるかもしれませんが、私は
「火の鳥」を思い出します。どこかの星でなんやかんやあったけど、最後はやっぱり
博士に会いたいなあ、で終わるみたいな。
ちなみに星を出て行った他の人々は誰も生きてないっていうのがいいなって思います。
一機だけ、グレッグ・ベアの小説みたいに人間じゃなくなって生きながらえるのも
あり。

● Dr.フィーネ
彼は、脚本を読んだときから「こいつ…いけすかねえ」と思ってました。
やぶさかの登場人物に対してそういう信用ならない感情を抱いたのは初めて?
かもしれず、結構本番間近まで誰にも言わずに黙ってました。
あいさんに言ったらみやさんを呼ばれて、ドクター本人と面談させられて
めっちゃ焦ったわい…団員って…お得ですね!
演じてるのみやさんなのに、フィーネは嫌いって思ってました。
(なので最後の曲、迷った…結果的にけっこうお気に入りの曲になりましたが)
とんでもなく腹黒いとかそういうのではなくて、余裕がない人(惑星滅びるしねw)、
エゴを優先させたくない!って思ってるのに結果的にエゴだらけになる人。
なのにですね、小屋入りしてからですが、だんだんドクターカッコよく見えて
くるんだよ、悔しいことに…!!
讃美歌を口ずさみながら、夜空を見上げて出てくる、よれっとした上着を腕まくりして、
あれでやられました。くそっ、ときめいちまったじゃないか!と。
余談ですが、部下に若手研究員でなべしがいるっていう裏設定がそれっぽくて面白かった。


まあ、長くなったこと…!!
昔は毎回こうやって感想書いてたので、懐かしいですね。
おしまいっ
| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2018-05-23 (Wed)
今年に入ってからブログ更新してない!ので保守ブログ。

昨年は沢山曲を作りましたので、今年はその数をさらに上回りたい。
(数より質を向上させなきゃだけども)
昨年2017年に作った曲数は、63曲でした。

今年ももう半分に差し掛かってますが、
これを上回るよう頑張りたい。

引き続き、いろいろやろうぜ状態でいきます。


| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-12-06 (Wed)
寝ぼけてただけかもしれないけど、一応コッソリブログ書こうっと。
最近全然書いてないし。リハビリがてら。


昨日の夜中(朝方?)ふと、笛の音みたいな音で目を覚まして、
外かな?すごく確かめたい音だな、と思ったけど、寒いし何となく怖くて寝てしまった。
風が近くのでかい工場の間を抜けてる音かも、と思った。
次の日、ネタ探しに剣客商売を見ていて、サムライたちの会話の
後ろでかすかに鳴っている音がすごく気になって検索したら
「按摩笛」というものだった。
ちょうど、昨夜、聞いたのはこの音だったのでは??
もう少し丸みを帯びた音色だったかな、音階はわすれたけどこんな感じ。
気のせいかな?
でも夜中に吹く人いるかな。
怖い。
でも、朝方に不思議な音を聞く、というのは子どものときから
もしかしてたまにあるかもしれない。
笛の音?、とか、
ベル系の何かとか。
電車?でもこんな時間に?とか(これは実際に電車の音かも)。
低音、どこかで機械が動いてるのかしら、とか。

しかし何やら不思議なものを見たこと、聞いたことない人って
いるだろうか。
みんな、何かしらありそう。
そう考えると、怖いことではなくて、むしろ良い体験かもしれない。
| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2017-02-07 (Tue)
素材をアップしました。

最近はいろんな重要な出会いがあり、
どれも大事にしていきたいと思っています。
未来に種をまきながら、実ったものを回収しながら、
実らなかったものを養分として吸収しながら、といった感じです。

何も締め切りがない状態になったらなったで「うわー!何かしなきゃ!!」と
思うのですが、いざ締め切りが出てくると、「じっくり勉強する時間がほしい」と
なってしまって、どっちもやらんかい!と自分に言い聞かせる。
でも、1年間じっくり使って、やってみたいと思ってる楽器ぜーんぶやってみる、っていう年が
あったらいいなって思います。とりあえずさわりだけぜーんぶやってみる。楽しそうだ。
年を取ってからだと大変だから、近いうち、近いうち…

一ヶ月くらいはSFCをずーーっとやってる時期もほしい。
5本くらい同時に。これは年とってからでもいいかな。
本当に、自分は大人なんだろうか、子どもなんだろうか・・・

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |