123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-09-27 (Mon)
今日スクールに行く途中、駅に向かって歩いていたら、
ダ○エーの前に大音量でワールドイズマイン垂れ流しながら
停車中の痛車がwwww

駐禁のオジサン2人が「あれ見ろよすげぇwwww」と
指差してニコニコしてた。

服を買いに入った店では、レジの中にいる小洒落たお兄さんんが
激しく腰を回転させて体操してた。

何が始まろうとしているのか。
そんな和やかな日曜日。

荷造りあらかた終わり気づいたが…こんなに物あったか…?
予想外のダンボールの量…
田舎から出てきたときなんて、ワゴン車で充分積めたのに…

財産を増やすのは恐ろしいことだとスナフキンが言ってた。

読まなくなった漫画は基本的に実家へ送り返すのです。
アニメ漫画ゲームの話で、歳の差を越えて盛り上がれる
一番下の弟に譲渡するためであります。
そして母からいつもの届いたよメールが届き…
「荷物届いたよ!○○(弟)が漫画ばっかり読んで困るから、漫画は捨てるね!
ちょwwww問答無用www何のために送料払ったのかwwww

捨てられないから送ったんでしょうが!
↑母親に漫画を捨てられそうになって半ギレする社会人。
嫌なものですね…ヲタクって…

そりゃ弟は、気がつくとジョジョ立ちで左右に揺れ動いてる
ようになっちゃったけど…

父親に何か注意されても、速水奨ばりにカッコイイ声色で
そうかもしれんな」と返していた弟は
そろそろ中学二年生の病気を発症する年頃。

スポンサーサイト
| 雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
2010-09-21 (Tue)
【9/12】
遅ればせながら…感想です。

劇団やぶさか猫耳にゃんこ『ストーリー』に惚れて早2年。
今度は犬耳わんこ舞台劇『犬神』、観てきましたよ~

ジャンプです。
ジャンプ読み切りです、と宣伝されていたので、
「えっ、ジャンプの何系?どれ?」とwktkしながら行ってきました。

すごく…ジャンプでした…
ジャンプ読み切りでした…
なんか、3ヶ月後に連載開始してそうです。
それか、連載してたんだけど、…編集者があぁァ!っていうあの。
ジャンプ買ってた人にしか分からないあの。
あの感覚を味わわせるのも含めておそらく製作者側の意図なんだと
思いますが…恐ろしい…続いてくれッ
単行本買ってたんだよ続いてくれようーーー

はっ、過去のトラウマが…
とにかく、最後にボス倒さず、旅は続く系のエンドでした。

主人公は、平安から江戸の長きを生きる犬のあやかし…
男前な人型に変身してるようでこれまた…犬耳と尻尾がね、
うん…ハァハァ

オープニングは曲のスピード感もあってか、なんなく脳内で
アニメ動画変換できるよ!
そんな呼応の仕方されたら迷惑かしら…
でででも、ジャンプだっていうし、ここはひとつアニメ版…
1クールで終わるなら、今回のボスの土蜘蛛倒して
終わるでしょうね。
本誌では土蜘蛛のバックにもっと強いやつがいて…
と、少々ジャンプにこだわりすぎましたが、
やっぱり生で殺陣とか、ギャグとかあったほうが
興奮しますよね。漫画っぽい展開だけど、漫画では決して
味わえない独特の興奮があります。
やぶさかさんいつもありがとうございます。


以下、キャラ別感想です。
また無駄に長いので追記で。
→ ReadMore
| 雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
2010-09-13 (Mon)
強くなりたい。

と、思いました。


や、別に何があったわけじゃないんですけど。

思った瞬間にもう、それに付随する様々な思考が
襲ってきて危ういですが、

それでもただ一言申し上げるならば、

強くなりたい。強く在りたい。

と、思うのです。



| 地球・宇宙とか何とか | COM(0) | | TB(0) | |
2010-09-08 (Wed)
あ、書き忘れていました。

引越し先は、今より1駅分離れたところにあります。
なので通勤や友達の家へ行くのにはそんなに変化ないです。
1駅違うだけなので。

不動産屋に戻ってからは、さくさくと書類手続きが進んだ。
同居人との続柄を書く欄があったので、
男同士だったらなんて書くんだろうか、…BLとか?
と、くだらないことを言いつつ書いた。
続柄じゃないそれはジャンルだというツッコミは置いといて、

手続きが一通り済んで、正式な契約はまた後日となった。
相方がトイレに行っている間、今キャンペーンがなんちゃら…と
くじを引かされた。
4等のおしゃれ小鉢っぽいものが当たった。いらねえ。
…と思っていたのだが…

家に帰ってよくよく見てみると…これは…
おしゃれ小鉢っていうか…



もりそると


盛り塩する皿に見えるのは私だけ?

いくら不動産屋だからってそんなシュールな…ねえ?
早速使うなんてことが無いようにしたい。

盛り塩小鉢を無理矢理かばんに詰めていると、ダブルチャンスをやっていて…と
今度はサイコロを転がすよう言われた。
他のお客さんも見ている中、何故か玄関の自動ドア付近で
何が出るかな状態。
転がした数の分だけお菓子の詰め合わせの袋やカップラーメンを
もらえるのだが、私の出した数は…5。

かくして、カップラーメン2個と駄菓子詰め合わせ2袋と、
なつかしのチューチューアイス1袋をどっちゃりもらい、
盛り塩皿とともにお持ち帰り。


さて、後は引越しまでひたすら荷造りをしつつ、
解約したり契約したり、手に入れたり手放したりする
儀式が待っている。

また、ネタがたまったらブログに投下しますので、
しばらくは引越しブログ状態ですがご容赦ください。


~物件決定編・完~

 
| 雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-09-07 (Tue)
「戸締まりしてきますのでここでお待ちください」という営業くんに
「は~い」と返事をし、いなくなるや庭を見にスキップで家の横を
かけてゆく相方とつられてウヒャウヒャついていく私。
言うことを聞かない困ったちゃんたちである。

そんなに広くない庭は、備え付けの物置と今はぼうぼうの草。
ぶっ壊れて枠しかないフェンスの眼下に広がる、幅広い川。
水がすごく澄んでる!底が割と近くに見える。水位は浅めらしい。
水面は緩やかにカーブを描いて、西日の中、民家の向こうに続いていく。
川の向かい側には立派な柳が葉を揺らしていた。
この景色で、蚊に刺されたかゆみはチャラにしてやろうと素直に思える。


と、澄んだ川の真ん中に立派な鯉っぽい魚がいるのを発見。けっこうでかい。
一気にテンションが上がる私。
もう何アイツ!何あれもう!川とかもう、川!魚!と
イミフな私の叫びを無視して、鯉っぽい魚は悠々と泳いでいた。

これは何かの暗示、ここに住めってことなんだねぇと、
私と相方、2人でメッセージを受け取り納得。
この魚(帰りに太郎と名前を付けた)の登場が
決定打となり、この元カラオケ教室・昭和の木造平屋に
移住することを帰りの車で営業くんに伝えた。


続きます。
| 雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-09-07 (Tue)
一件目は住宅街の奥まったところにある小ぎれいな平屋だった。
風呂場と洗面台が改築済みでとても新しい。
営業くん、この点を熱心に勧める。
「女性にはやはり嬉しいですよね、こういうの」
(→たくさんの収納や大きめの鏡のついた洗面台)
まあ、あるにこしたことはないよね。
あーそーですねーまぁ、と女性にあるまじき生返事をする
野生児あいしう。

確かに良さそうなのだが、全体的に狭い。
1人で住むには充分だが、こっちは2人と1匹。
加えて私の巨大な電子楽器たちと相方の大量の書籍。
六畳と四畳半の二部屋じゃキツイかもねぇ。
あと自然がない。
四方を家に囲まれとる。私の心は、明らかにカラオケ教室のほうに傾いていた。
相方がその1件目をだいぶ気に入ったようだったので、
ちょっと心苦しかったが、とりあえずその場を後にした。


2件目は1件目からほどなくして到着。
言わずと知れた、カラオケ教室のほうである。
行ってみると、カラオケ教室の看板はない。
退去後のリフォームがまだ、とのことだったので、
カラオケ教室の主は私物はちゃんと持ち帰ったようである。
中年のオッサンのはくような紺色のでかいぱんつ…が干して
ある家を通り、その奥の家へ。営業くんがここですとドアを開ける。
お隣さんは妙齢のオッサン確定か。

正面玄関がどう見ても裏口です本当に(ry

入って即行蚊に喰われる。熱烈歓迎。
刺された足をボリボリかきながら営業くんの説明を受ける。
もともとこっちが問い合わせた物件の手前、熱心に説明してくれるが、
1件目より若干家の古さに引き気味の若者営業くん。
トークに熱がない。
きっと内心、風呂なんかボイラーついてるしwwwお湯炊くようだしww
何故か風呂場に富士山の絵が描いてあるし(仕様らしい。私が「あの~富士山が
描いてあるんですけど」と言ったらビックリしていた)
wwwネットは物理的に線を引き込むようだしwww
洗濯機どこに置くか分かんないし、もうねwwww
とか思っていたかもしれない。

前住んでいた人が退去したばっかりで、営業くんも
実際に物件をまだ見ていなかったそう。
昭和臭漂う家屋に、いろいろ慌てさせてしまった。
サーセン。

営業くんの心配をよそに、私はここを大変気に入ってしまったのだが、
とりあえず即答するのは躊躇したので不動産屋に戻ることになった。

続く

| 雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-09-07 (Tue)
と、いうわけで、引越しをするのです。
新居は、けっこうヤバそうな木造平屋です。
10月から、あいしうと愉快な同居人たち(1人と1匹)とで、
怒涛のサバイバル創作生活が始まるわけです。

ブログ書いてる暇があったら引越し準備しろって
感じですかそうですか。
でも書いちゃう。


部屋探し。
ネットで不動産屋の物件検索をして、間取りだけで写真の無い
アヤシイ物件を発見した私。
他にも幾つかの不動産屋に問い合わせたが、そこも一緒に
問い合わせてみる。そこが一番早く返事を寄越す。
さっさと貸しちゃいたい気満々なのだろうか。
メールには、写真付きチラシも添付されていた。

平屋の貸家。楽器可。3部屋とキッチン、バス、トイレ。
あらなかなかいいじゃない。
画像は、まだ前の住民が出ていっていないためなのか何なのか外見の写真だけ。
その外観の1枚に、多分勝手にかけたであろう「カラオケ教室
の看板が。
楽器(?)可なのが一目瞭然です。ありがたいですね。
しかも何やら庭が有り、その横が…「何これ?林?谷?」「川じゃね?」
地図で確認したところ、川でした。
自然だ!自然がある!!

で、電話で問い合わせ、「もう今日決めちゃおうず!」みたいなノリで
日曜に同居人予定の相方と不動産屋へ。
担当してくれたのは、30歳だという、若手営業です!って感じの
イマドキのお兄ちゃん。
その営業くんが4件ほどこちらの条件に合わせて見繕ってくれたのを、
ああだこうだと話し合いの末、
平屋で貸家の2件に絞って(片方がカラオケ教室)実際に見に行くことになった。



長いので続きます…

| 雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
2010-09-04 (Sat)
焼き鮭が食いたくなった。

なんとなく秋。

秋というと、幼稚園の頃を何故か思い出す。
窓が開いていて、でも風が秋特有の涼しさ。
…みたいなのが一番印象深い。

園長先生が芸術家で、園内に園長手製の
芸術作品が点在していた。
しかも、何を思ったか園児が遊ぶホールの片隅で、
(いや、けっこう幅を取って)養蚕を…桑の葉で
蚕を飼っていたのだ。
しかも、ケージじゃなくて、ワゴンで。
ふたとか網とかなく、むき出しで。
当然、ワゴンの端から転げ落ちた蚕は園児に踏み潰される。
あの桑の葉と蚕の匂い、今も覚えています。

何が言いたかったんだっけ…

そうだ、園児時代かもっと前かは覚えていないけれど、
ものごころついた時に、今でも覚えている瞬間があります。

季節とは、巡っているものである。という事実を唐突に理解したとき。
これをはじめて理解したときの衝撃たるや、すさまじいものでした。
「wwww夏がwwwまた来るとwwかww
季節パネェww何のww力ww」
いや、プギャーしてるわけじゃ…表現がアレでしたが。
だって季節が巡ってんだぜ?やばくね?という感慨。

今、あれくらいの衝撃を得るにはどうしたらいいんでしょうね。
常に予想外の未知の世界に自分を置く生き方とか?
やべえ…わくわくしてきた…


そういうものに焦がれながら、焼いた塩鮭を肴に
焼酎でも一杯飲むのも粋かもしれない。
という納涼状態のあいしうでした。


| 地球・宇宙とか何とか | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。