12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-02-22 (Tue)
今朝、
小さい頃は馴染み深かったのに上京してからは
とんと聞かなくなったものをふと思い出した。

町内放送。

地元は、人口が三○物産本社の社員に比べて
二千人ほど足らない田舎だが、
町内の至るところに建てられたスピーカーによって、
毎日決まった時間に決まった音楽などが流される。

実家はスピーカーから少し離れた高台にあったので、
やや谷になってるところに音が反響して聞き取りづらかった気がする。
スピーカーの近くにある友達の家に行くと、
(うおおスピーカー近ッ、カッコエエ!)と憧れたものだ。

スピーカーから流されていたものを覚えている限りあげてみる。
・毎日朝6時、午前10時、昼12時、夕方17時(夏は18時)に短いクラシック音楽
・毎日夜の9時に"火の元に気をつけてお休みください"という役場の人の生ボイス
・夏休み、冬休みは夕方の放送とともに"小中学生は明るいうちに帰りな"的な
 役場の人の生ボイス
 ※むしろ生ボイス以外の音声なんてないや。
・火災発生と鎮火のお知らせ
 鎮火の放送が入るまでとても心配。
・津波注意の発令と解除のお知らせ
 わざわざ津波が来ていないかどうか海に見に行く人もいるので、
 海岸には近づくなと注意が入る。
・行方不明者(主にお年寄り)の発生と発見
 割と頻繁にあった…?発見の放送が入るまでとても心配。
・町長選挙の開票結果発表
 各家で地味に盛り上がる。


あの放送が災害など緊急時にスムーズに放送できるよう、
毎日テストしているのだと知ったのは割と最近のこと。
私にとってはただただ生活の一部の音だった。

今朝、何だか6時に音楽が鳴る気が無性にした。
毎日欠かさないが故に、たくさんのいろんな場面にあった、音風景です。
(放送は今も変わらずあるので、実家に帰れば聞ける
 んですがね。)
| 雑記 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。