12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-05-22 (Sun)
実は、4月の半ばころにレンタカーを借りて
ペーパーになりつつある自分に突然高速道路を
強いてもアレなので死ぬので、相方に運転をすべて任せ、
実家に帰ってきました。

私の実家は沿岸部の被災地の真っ只中にあるとはいえ、
高台にあり家の何も壊れることなく、
家族を失うこともなく、親しい人たちを失うことなく、
本当に不幸中の幸いでした。

確かに、むこう30年くらいの間に90%以上の確立で
でかい地震・津波がくるというのは、小さいころから
聞かされて育ちました。
90%ですからもう来るのはほぼ確実で、あとはいかに
助かるか、それだけだと、父から何度となく聞かされてきました。
どこの家もそうだったと思います。
実際は予想よりもでかい規模の災害がきてしまいましたが。

でも、突然故郷の誰とも連絡がつかなくて、
誰の無事も分からず、テレビでは大津波だ大火災だと
やっているのを呆然と見ていることしかできない、
本当にこんな日がやってくるとはと、「信じられない」
そればかり言っていました。

今は、実際に故郷の地を踏んだこともあり、
あの風景は確かに実際に見ても何と言っていいか
言葉が出てこなかったけれど、心には焼きつきました。
自分も、いつどこで死ぬか分からない。
確かな実感をもらいました。

そこで、率先して防災グッズをせかせかと集め始めた
相方はさすが頼りになりますが、
あいしうはひたすら世間的に間違った方向に進むのがこれ
信条です。
私はというと、まず手始めに勤め先を退職することに
いたしました。
退職にいたっては、今回の災害がすべての理由ではないですが、
引き金ではあります。
いつ死ぬか分かりませんので、特別臆病なのにドMな私は、
怖いものと向き合うために。

と、脳みそが自由な馬鹿ですが生きております。

関東は最近また揺れると聞きましたので、
皆様どうぞ備えを充分にしていてください。
ライフラインが止まるようなでかい揺れでも、
最初の何分かは水道が使えるようですので、
水道脇にタンクのご用意を。
揺れたらば一気に蛇口をひねってタンクに水を
移すといいと聞きますれば。

| 雑記 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。