12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-02-25 (Thu)
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!
楽曲制作・音響オペ室で面白かったことまとめ、主に自分用の備忘録として、
残しておこうかなと思います。

・一番最初に流れる「古いトンネル」という曲は、脚本片手にネットで調べた
 群馬、水上の「土合駅」の画像を見つめていたらできました。
 いつか実際に行って、ヨウのことや、土の中の物語に思いを馳せたい。

・mimizuエレベータの曲中のあいしゅう音声は、1:21からですが、
 自分でも分からないほどかすかw
 あのシーンでは毎回、りなさんの「hey hey hey hey!」と曲の盛り上がりが
 ぴったり合ってて、こっそり感動していた。

・今回、録画した映像と曲を合わせて、ある程度シーンの流れと合うように作る試みをいくつか
 してみたが、思いのほか楽しい。次回はもっとクオリティを上げてやりたい。
 録画した通しの映像を見ていると、いつの間にかひとりでキャッキャッウフフしてて何を
 確認してたのか忘れるのも定番。

・ゲネのとき会場内で音聞きながら書いたメモを見返したら、
 「ひげサーチ SE 音量でかいかも」と書かれていた。誤報であった。
 (「ひげサーチSEありましたっけ!?」と焦る大明神)

・最後の扉を開けるシーンの「宙さまよう」という曲にまつわるちょっと不思議な話。
 あの曲は2番目くらいに早く出来上がった曲で、脚本がまだ全部あがってなかった頃に
 作ったのですが、(たぶんまだプロットの段階くらいの勢いだった。)
 実際に稽古場で使われているのを見たときに、「このシーンを見た」と強く感じたこと。
 つまり、感覚的には「このシーンを見たからこの曲を作った」と感じた。実際は曲のほうが
 随分先にできてたのに。
 これは…あいさんマジック??
 
いつも思うことですが、回を重ねるごとにパワーアップしていきたい。
曲のクオリティもだけど、その他編集もギリギリまで妥協なんかしないで追求したい。
魔法にもっとかかるために。

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。