123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-09-14 (Wed)
ツイッターをやりはじめてからというもの、ブログを書こうと思わなくなって
しまったので、ちょっと反省して、スタジオ山奥関連のことだけでも
コツコツ、ヒッソリと書いていこうかな、と思います。

目標は毎月2記事!

最近の活動としてはやはり、やぶさか20thステージの下準備でしょう。
曲は出揃ったとはいえ、まだまだやることはなんやかやと沢山。
ちょっとSE作成のほうにも乗り出してきました。

演劇シロウトのまま乗り込んでいった劇団さんではありますが、
私にとって良かったことしかない。
曲はもちろん作れる(大量に)、歌ものも収録できたし、劇中歌というかたちにもしてもらえた、
SEも作れるし、セリフのレコーディング&編集も。音響系のことも勉強させてもらえるし、
たまには生演奏もあり得る。サントラも作っちゃう。
しかも内容はファンタジー!!

音系のこと、ほぼほぼやれるじゃん、ウホッてなります。

というわけで今回も頑張ります。観に来てください!

劇団やぶさか ネクストステージ!

20thSTAGE『HAZY LAZY MOONLIT NIGHT』

2016.10.21(金)~23(日)

劇団やぶさか 20th

ご予約受付中!※スタジオ山奥扱いチケットはこちら※


| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2016-02-25 (Thu)
たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!
楽曲制作・音響オペ室で面白かったことまとめ、主に自分用の備忘録として、
残しておこうかなと思います。

・一番最初に流れる「古いトンネル」という曲は、脚本片手にネットで調べた
 群馬、水上の「土合駅」の画像を見つめていたらできました。
 いつか実際に行って、ヨウのことや、土の中の物語に思いを馳せたい。

・mimizuエレベータの曲中のあいしゅう音声は、1:21からですが、
 自分でも分からないほどかすかw
 あのシーンでは毎回、りなさんの「hey hey hey hey!」と曲の盛り上がりが
 ぴったり合ってて、こっそり感動していた。

・今回、録画した映像と曲を合わせて、ある程度シーンの流れと合うように作る試みをいくつか
 してみたが、思いのほか楽しい。次回はもっとクオリティを上げてやりたい。
 録画した通しの映像を見ていると、いつの間にかひとりでキャッキャッウフフしてて何を
 確認してたのか忘れるのも定番。

・ゲネのとき会場内で音聞きながら書いたメモを見返したら、
 「ひげサーチ SE 音量でかいかも」と書かれていた。誤報であった。
 (「ひげサーチSEありましたっけ!?」と焦る大明神)

・最後の扉を開けるシーンの「宙さまよう」という曲にまつわるちょっと不思議な話。
 あの曲は2番目くらいに早く出来上がった曲で、脚本がまだ全部あがってなかった頃に
 作ったのですが、(たぶんまだプロットの段階くらいの勢いだった。)
 実際に稽古場で使われているのを見たときに、「このシーンを見た」と強く感じたこと。
 つまり、感覚的には「このシーンを見たからこの曲を作った」と感じた。実際は曲のほうが
 随分先にできてたのに。
 これは…あいさんマジック??
 
いつも思うことですが、回を重ねるごとにパワーアップしていきたい。
曲のクオリティもだけど、その他編集もギリギリまで妥協なんかしないで追求したい。
魔法にもっとかかるために。

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-12-31 (Thu)
音楽のことだけ考えて生きていたい・・・と
思っていた頃もありましたが、
2015年はほぼほぼ音楽のことだけ考えて生きてました。
走り始めた時から、最初の願いは少しずつ叶っているんだろうけど、
願いも共に進化するので、終わりはないんだろうな。
入るたびにマップが違うダンジョンみたいで楽しいです。

お世話になった皆様、本当にありがとうございます。
1月からすでに忙しいですが、
きっともっとクオリティ上げられる…はず!!?

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |
2015-10-06 (Tue)
先週行ってきました。
ひとりで。
かはくに。「生命大躍進」特別展を見に。

ポスターにも生物と書いて「スーパースター」と読ませていますが、
私にとっても本当にスーパースター中のスーパースター。
小学校の頃、心奪われて以来ずっと忘れられなかった私のアイドル。
オパビニアにウィワクシア、ハルキゲニア、アノマロ先生、ピカイア、
先カンブリア時代、エディアカラ生物群。
本で見慣れたウミユリのでっかい化石もあったし、イクチオステガ先生もいた。
テレビや本でしか見たことなかった化石の、ずっと大好きな化石の、本物!
こんな近くで!

泣きそうになりました。このやっと会えた感。
心の中はもう街中でばったりジャニーズに会ったおばちゃん状態。
鬼混みだったけど、全然気にならなかった。
しあわせだった。
展示限定海洋堂ガシャで一発でアノマロ先生出た。

はじめて彼らを知ったNHKの「生命40億年はるかな旅」が、私の音楽の原点でもある。
大部分は直接の祖先ではないけど、生き延びた種として何かを手渡されていると思う。
私は勝手にともだちだと思っている。
とにかく大好き!!!
願わくば、彼らみたいな生き物になりたい。

| 地球・宇宙とか何とか | COM(0) | | TB(0) | |
2015-09-29 (Tue)
劇団やぶさか「18th公演 アルフ・ライラ・ワ・ライラ~カマル王子とブドゥール姫」ついに閉幕!!
・・・オープニングを作り始めた5月頃から、長く強烈な体験だったためか、いまだに終わったのが信じられない。
初音響だったこともあり、皆様にご迷惑をおかけいたしました。反省点を次に活かせれば、と思います。
でも反省点じゃなくて、楽しかったことをまとめます。

【音響まとめ】
・ノリノリになると、本番中殺陣が1.5倍~2倍速になるみずおさん。(カッコイイ、そして大変)

・本番に増える小ネタや増えるSE、それに即対応する音響と照明と役者さんの連携に感動した。

・隣でQをくれるとき、こちらを見ずに立てた親指で合図をしてくるちえさんに毎回キュンときた。

・冒頭のカマル王子とブドゥール姫が恋に落ちるところの曲は、別名「岩盤浴で流れてる曲」

・AキャスとBキャスでマイムナーの持ち属性が(SE的に)若干違うところに大明神のこだわりを感じた。

・欲しいものが増えた。今まで曲作りしかしていなかったから考えてなかったソフトや機材がほしくなった。(金…)

・Bキャス本番が終わってから、改めてBキャスが一回しかできないことに愕然とした。

・音響じゃないけど、物販ブースに友人を連れて行ったとき、みやさんがサントラ持って、
 「サウンドトラックありますよー!」とお客様に声をかけてくださっていて、ありがたさに泣きそうになった。

今後の課題は、曲のクオリティをあげることと、作れる曲の幅をもっと広げること、音響まわりのことをもっと詳しく知ること
です。
(あとコミュ力を鍛えること…)

練習を重ねるごとにこの物語が好きになっていき、登場人物が好きになっていって、
役者さんの細かい動きとかせりふの言い回しが好きになっていきました。
次はもっとうまく音響できますように・・・

さあ、曲作りに戻ります!!

| スタジオ山奥日記 | COM(0) | | TB(0) | |